出来るだけ安く市議会議員選挙の準備をするには?

もしもですが、自分が市議選に出るのならですが、供託金を除いて100万円以内で選挙の準備を進める自信はあります。

供託金の30万円は、当選すれば、もしくは、当選しなくても供託金没収ラインを越えれば戻ってきますので、プラスマイナス0円のお金として、ひとまず、除外して考えます。

安く選挙の準備をする方法は、

https://市議選準備.com/

にも、すべて記載してありますし、アドバイスも一部無料で行っておりますが、

まずは、安いデザイナーを見つけることです。 選挙専門の業者とかに頼むと、チラシを作るだけで6万円とか、かかってしまいますが、選挙以外のチラシの業者に頼めば、2万円とかでできます。

公選はがきも、選挙公報も、看板も、のぼりも、すべて同じです。 安くて、デザインの良い業者を選びましょう。

そうすれば、10万円くらいで、全部そろってしまうかもしれません。

https://市議選準備.com/

に全部、外注先まで載せてあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一番お金がかかるのは事務所費と、選挙カーになります。

まず、選挙カーは、マイカーを使います。 ですので、そこで、通常40万円程度かかる選挙カー代を0円にすることができます。

0円というと語弊がありますね。 スピーカーなど、最小限の設備は取り付けないといけないので、1万円程度はかかると思ってもいいかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

事務所は、普通は、絶対、借りますけど、本当にお金をかけないなら、自宅を事務所にします。

お金をかけないなら、徹底して削減するべきです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このブログでも何度も書いていますが、市議選というのは、お金をかければ受かるというものではありません。

後援会員を2000人集めて、すべての人と握手をする!!ということをまず第一目標にした行動計画!!のPDCAを実行することが、選挙の準備です。

地元生まれ地元育ち、地元で働いていて、地元の人と結婚。 親も地元。という人の方が絶対有利です。

それだけで、1000人は、味方になってくれると思います。

あとは、日ごろの行いが悪い人は、ダメです。 お金とか時間や、恋愛などの問題にルーズな人は、票を失います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんだか、最初の題名と話がずれてきていますが、

自分なら、100万円は、選挙にはかけない。ということです。

最低いくらでできるかわかりませんが、50万円かけないかもしれません。

 

ただ、勝ちたいなら。 人並みに立派な体裁をそろえて、まともに選挙をおこないたいなら、選挙カーと事務所、ウグイスは、きちんとお金をかけて依頼したほうが良いので、それだけで200万円近くいってしまうかもしれません。

自分が選挙に出るなら、そこにお金はかけません。

ランチェスター戦略をご存知かわかりませんが、強者の戦略、弱者の戦略がありますが、私は、徹底的に弱者の戦略で戦い抜きます。

何度も言っているとおり、2000人。 出来れば2500人の後援会を集め、握手した人間で、きちんとした政策を持っている人が勝つ可能性は、とても高いです。

きちんと腰を据えて、時間をかけて、準備をしていけば、勝てます。

最初からあきらめないで頑張りましょう。


その他にも、選挙準備に関する質問があるときは、以下のページに、ぜひ、一度、お越しくださいませ。

チラシや公選ハガキや名刺も制作しております。 詳細は、https://市議選準備.com/へ