立候補予定者説明会と事前審査について

市議会議員選挙に出る場合ですが、

市議会議員選挙が行われる日の1カ月から2カ月前に、立候補予定者説明会というものが、市役所または市の施設において、選管によって開かれます。

選挙に出るために必要な書類や手続きなどをすべて、説明してくれます。

立候補するために、必ず出ないといけないというものではないのですが、ほとんどの人は出ますし、そこに来た人数で、大体、何人が立候補するのか?わかるので、必ず出席しましょう。

そして、その立候補予定者説明会から2~3週間後に、事前審査というものが行われます。 これは、立候補書類をあらかじめ、選管の方で、すべて審査しておくというもので、基本的には受けなくてはいけません。

事前審査までに、立候補予定者説明会で配られた数十種類の書類をすべて書き終えなくてはいけないのと、公選はがきや、選挙公報、ポスターなども出来上がっている限りすべて、審査してもらわないといけませんので、

立候補予定者説明会から事前審査までの期間はとても忙しくなります。 しかし、この期間は、選挙の直前の1~2か月とも重なるため、後援会活動も、ものすごく忙しくなります。

また、公選はがきにも、2000枚、あて名を書かないといけません。

ということで、選挙の準備は早めに早めに行いましょう。

どのようにスケジュールを組み立てればいいのか?については、無料でアドバイスしておりますので、下記のリンクの先をご覧くださいませ。


チラシや公選ハガキや名刺も制作しております。 詳細は、https://市議選準備.com/へ