市議会議員の給料はいくらくらい?

ボーナスを含めた年収で言うと、市議会議員の給料は、およそ600~800万円だと思います。

ただ、税金や年金や保険でかなり持っていかれるので、手取りでは、それほど多いわけではありません。

また、自費で参加するイベントなどは、すべて、自分の財布からの負担ですし、それらを、自営業のように経費で落とすこともできません。

公務として出かける視察や研修などは、市から旅費を負担されますが、上気した通り、若手議員の勉強会やオフ会などのお金は、全額自己負担です。

また、選挙のたびに、4年に一回、200万円とか300万円とか支払わないといけないので、私の知っている市議会議員で、市議会議員専業で、会社社長などを兼業していない人は、30代では未婚の人が多く、40代でも子どもがいない人が多いです。

また、あまり人口が多くない市では、手取りの感覚で20万円台のところもありますし、町村議員は、20万円台、もしくは10万円台のところもありますので、若い人が専業で行うのは難しいと思います。

ですので、自動的に、地元の名士や地主、会社社長などが議員になるパターンが町や村では多いです。 田舎社会の場合、何代も前から近所のつながりで、つながっているので、地域や、隣の地域などとの歴史が深く、それを調整することができる人格のある人が議員にならないと、その地域に軋轢が生じます。

話は、元に戻りますが、

政令指定都市などの大きな都市の場合は、1000万円を超える年収のところもありますが、そういうところは、普通の市の2倍から3倍以上の票をとらないと、当選できないので、これもまた、かなり、ハードルは高いです。


その他にも、選挙準備に関する質問があるときは、以下のページに、ぜひ、一度、お越しくださいませ。

チラシや公選ハガキや名刺も制作しております。 詳細は、https://市議選準備.com/へ