82C68290.png

touitu3.png
メールはinfo@suzuki-ken1.netまで

書ける範囲で構いませんのでご記入くださいませ

選挙ポスターデザイナーの鈴木健一です

1979年11月生まれ
早稲田大学2002年卒業
早稲田大学大学院2004年に中退
2004年に個人事業主として開業
選挙事業は、2010年からスタートし、
現在までに、約30件を承らせて頂きました。


securedownload.jpg

本番用選挙ポスター(私費負担0円)と写真代(0円)に関する説明

選挙ポスター 私費負担0円

まず、無料試作させて頂き、その後、宜しければ自費負担無料で製作します。

選挙ポスターは、市議選(区議選)であれば、通常、公費負担で、自費負担0円で作れます。

写真撮影費も一部その中から出すことが出来ます。

写真撮影は、お近くの写真館や、カメラマンに撮って貰ってください。 背景は、白が良いと思います。 もし、髪が白髪の場合は、髪と背景の輪郭がはっきりしている色で撮影して貰ってください。(人物を背景との境で、くり抜くので。 髪の色と背景が違う色である方が良いです。)

写真撮影代のレシートのコピーを私にFAXや写メなどで送って下されば、公費が支払われた際(選挙の約2か月後)に私がお客様にその料金をお支払いします。(1万円〜3万円程度までの範囲で、厳密に言うと、ポスター以外にチラシや名刺にも使うので、60%〜80%くらいの額がベターです。)

ポスター作成は私がデザインから納品(印刷したものを郵送)まで全て責任をもって行います。

顔写真のデータをメールなどでお送り頂ければ製作可能です。

市議選のほとんどは、ポスター代は、公費負担なのでお客様の私費負担は0円で、選管から直接私に支払われます。(供託金没収ラインを超えられない場合は自己負担になります。 供託金没収ラインは有効投票総数÷議員定数÷10です。 10万人の人口の都市で5万人が投票し議員定数が25人なら200票です。)

ポスターは、お問い合わせ頂いた直後から数日〜数週間以内で作ります。(数か月後の選挙まで待ちません。)

公費は市の選管から直接37万円程度(都度、見積もります)、私に支払われます。(写真代がある場合は、写真代をプラスします)

※町と村の選挙には公費負担の制度はありません。 市区、都道府県の選挙は公費負担があります。

※ポスターの印刷(入稿)を終えてから(選挙の立候補取りやめなどで)キャンセルする場合は、キャンセル料15万円頂きます。

TEL 080−2266−0125 鈴木 まで

単品で作る場合は以下の金額になります。

名刺
82B982F1815B82DF82A282B582Q.jpg
<詳細はコチラ>
19000円
デザインのみ

千枚印刷費込
25000円〜

チラシ
senkyo-3.jpg
<詳細はコチラ>
19000円
デザインのみ

千枚印刷費込
25000円〜

公選はがき
sample-kousen1.jpg
<詳細はコチラ>
19000円
デザインのみ

印刷費込
25000円

選挙公報
選挙公報.png
<詳細はコチラ>
19000円
デザインのみ

印刷費込
25000円
統一地方選は請け負いません

↓ 無料動画と参考資料 ↓

※この動画は、2014年に製作したものであり、その時は、アドバイスは何十回でも無料で行っていたので、そういう主旨の発言がありますが、現在は、無料相談の部分は無料で行っており、有料相談の部分は1回2900円で行っております。 その他、色々と少し変更になっている部分がありますのでご了承くださいませ。

@選挙に出る準備を始めるには。 後援会の作り方。

後援会の詳しい説明はコチラのページ

A後援会チラシ、後援会名刺の作り方。 討議資料について。

B後援会代表などは選挙区に住んでいないといけないのか?
※動画の中で選挙に関する活動は20歳未満と言っていますが、法律が変わって18歳未満が禁止になりました。

C瀬踏み行為について

瀬踏み行為などについての説明

D選挙にはいくら位お金がかかるのか?

詳しい説明はこちらのページ

E公費負担について。 供託金没収ラインについて。

公費負担の詳しい資料はコチラ

F立看板について。 サイズ、選管の許可。
※動画の中で話している看板のデザインにつきましては、現在行っておりません。 お問い合わせいただければ、私が知る限り一番安く作れるところをお教えしますのでお問い合わせくださいませ。

看板の詳しい資料はコチラ

G立候補予定者説明会と事前審査、警察による選挙カーの審査について。

候補者のしおりをダウンロード

H選挙公報について

選挙公報の作成はコチラ

I公選ハガキについて
※公選ハガキは引き続き手渡しできませんが、動画の内容から変更になっている点として2019年の統一地方選からは文書図画頒布の規制が緩まり、既定のサイズ、既定の枚数であれば、市議選などでもチラシをまけるようになりました。 詳細はお問い合わせくださいませ。

公選ハガキの作成はコチラ

J選挙ポスターについて。 公費負担について。

選挙公営の説明(公費負担)をダウンロード

K選挙期間が始まってから行える事。 資料と選管の重要性について。

候補者のしおり(資料)をダウンロード(上にも同じものがあります)

L辻立ち、駅立ちについて
※全部無料でアドバイスと言っていますが、今は料金設定が変わっていて、1回2900円になっているところはあります。 しかし、弁護士や行政書士しか有料で出来ないアドバイスは、法律で行えないので行いません。

M選挙事務所について。 事務所看板について。

候補者のしおり(資料)をダウンロード(上にも同じものがあります)