<市議選の政策>自動車免許返納後の交通手段の確保

75歳くらいを境にして、自動車の運転免許の返納を行う人が沢山います。

その場合に、3世代同居などをしていない人は、公共交通機関か徒歩以外に、交通手段を失うことになります。

シニアカーなどに乗る人も中にはいると思いますが、

自治体によっては、バスの無料券などのシニアパスを配布しているところなどもあります。

また、大手ショッピングストア(スーパー)では、ネットスーパーなどで、家までの配達を強化しています。

生協の個配などもありますが、

日々の生活習慣において、車がなくなった場合に、どのような代替手段を考えていくか?

きちんと公約にしていったほうが良いと思います。

徒歩でスーパーにいく体力がない方は、家が陸の孤島のようになってしまいます。

解決は、なかなか難しい問題ですが、何らかの方策は必要です。


その他にも、選挙準備に関する質問があるときは、以下のページに、ぜひ、一度、お越しくださいませ。

チラシや公選ハガキや名刺も制作しております。 詳細は、https://市議選準備.com/へ

<市議選の政策>新たなマンションと自治会などの関係

町内会や自治会に加入していない、タワーマンションなどが増えて、行政が発行している広報や、ハザードマップ、子育て支援情報、介護に関する情報などが、マンションの住民に伝わらない状況も発生しています。

ですので、これは、マンションの中の管理組合の問題でもありますが、行政との接点を積極的に持っていくようにするべきですし、マンションが急増する地域の市議会議員も、町内会や自治会とマンションの問題を考えるべきです。

お祭りや、交流行事などを通して、古くから住む住民と、新しい住民とを結びつける役割を果たすのも、市議会議員の一つの仕事(お祭りを運営するのは、あくまでも、地域が主体ですが)だと思いますので、

マンション住民への公共情報の通知の充実を公約にしていくのもよいと思います。


その他にも、選挙準備に関する質問があるときは、以下のページに、ぜひ、一度、お越しくださいませ。

チラシや公選ハガキや名刺も制作しております。 詳細は、https://市議選準備.com/へ

<市議選の政策>急速な街の発展による危険

急速な街の発展により、それまで工場が多い地域だったり、倉庫が多い地域だったり、それによって物流の大型トラックが多い地域だったりするところに、急速に、タワーマンションなどが乱立していることも、一部、都心近郊では見受けられます。

これまで子どもなどがあまり立ち入る事がなかったエリアに、急速に、子どもが増え、交通事故が急増するようなことも懸念されます。

そういった場所を、きちんと把握して、交通政策をきちんと練っていくことも市議会議員の仕事です。

ただ、信号などを付けるかどうか決めるのは、警察の仕事ですので、市議会議員は、市民の声を集めて行政や警察に働きかけることしかできませんが、警察の方も、市民の声や行政による予算の設定などによって、動きやすくなる面もあるかと思いますので、

市内のある一部の地域で、事故が急増しているというような事例がある場合は、その原因をきちんと考えて、改善策を練っていく必要があると思います。


その他にも、選挙準備に関する質問があるときは、以下のページに、ぜひ、一度、お越しくださいませ。

チラシや公選ハガキや名刺も制作しております。 詳細は、https://市議選準備.com/へ

<市議選の政策>待機児童問題

待機児童問題は、なかなか解決されない問題ですが、

行政は、保育所や学童などの整備を、出来る限りきちんと行っています。

ただ、それ以上の勢いで、子育て世代が流入する地域があるということです。

タワーマンションの林立、駅前再開発などで、それまで、街の人口構造が急激に変わり、対応が間に合わない問題でもあります。

ですので、不動産業者やマンションのディベロッパーなどに対しても、きちんとした教育政策への協力を求めたり(無計画に、待機児童を増やすことの内容に、マンション内などに、保育施設を作るよう求めたり)

行政側も、きちんとした情報開示を、定期的に行い、保護者が保活によって、苦しむことのないような行政を行っていかないといけません。

また、兄弟姉妹で違う保育所や幼稚園への入所をしなければいけなくなったり、0歳児から入っている人とそれ以降で入ってくる人の公平性の問題、

小学生になってからの放課後の問題など、

共働き世帯の増加により、問題は山積みになっておりますが、

政策を考える前に、立候補を予定している市の現状をきちんと知り、地域による偏りや、未来予測、財政との兼ね合いなどを、市の担当課などにヒアリングするのもよいと思います。

政策にする以上、きちんと現状を把握するべきなので、自分自身の頭で考えて、専門的な知識を身に着けて、解決策を考えだしてみてください。


その他にも、選挙準備に関する質問があるときは、以下のページに、ぜひ、一度、お越しくださいませ。

チラシや公選ハガキや名刺も制作しております。 詳細は、https://市議選準備.com/へ

選挙準備と風邪と天候

選挙の準備と、風邪というのは、切っても切り離せない関係です。

そして、風邪と、天候というのは、切手も切り離せない関係です。

春には春の、梅雨には梅雨の、夏には夏の、秋には秋の、冬には冬の特有な選挙と気候の関係があります。

特に、冬は、ホッカイロ、特につま先用などが必須になりますし、

夏は、熱中症対策が必要になります。

候補者やスタッフが年齢が高ければ、若さだけでは乗り切れない部分もありますし、休息時間も必要になってきます。

選挙というのは、法律的な特性で、お金で人を使うのが難しい状況にあります。(一部、公選法では、認められていますが)

ですので、ほとんどは、友情や地縁などのボランティアで、手弁当で来てくれます。

それぞれの人に持病があります。 公表したくなくて無理している人もいます。

健康を損ないやすいのが選挙です。

候補者は、気合で乗り越えられるかもしれませんが、スタッフには脱落する人が多くいます。

選挙を境に絶縁関係に陥る人もいます。

なので、気温や天候、風邪や持病を、きちんと把握して、健康に無理がないようなスケジューリングを行いましょう。


その他にも、選挙準備に関する質問があるときは、以下のページに、ぜひ、一度、お越しくださいませ。

チラシや公選ハガキや名刺も制作しております。 詳細は、https://市議選準備.com/へ

後援会幹部の適正な人数について

外国の心理学者?が

1人が管理できる部下の数は、何人までか?という課題に対して、7人と答えています。

7人以上になったら、その7人の部下としてマネジメントしていくのが適切だと考えます。

ですので、理想的な後援会幹部の数は、7人以下です。

3人だと少なすぎるので、5~7人が理想です。

選挙期間になると、リーダーである候補者が不在になります。(外で演説しているため)

ですので、選対本部を仕切れる選対本部長が必要になります。会社で言えば、COOですね。 候補者がCEOになります。

CEOを上にして、COOの下に、CIOやCFOなど色々な執行役員を作るのが良いのと同じように、7人までの役員に、

選対本部長、外隊隊長、事務所の中隊隊長、

事務所の中でも、お客さんの応接担当と、選対事務の執行担当など、

きちんと分けて、役割分担、スケジュール管理、健康管理、兵站管理(物資、食料、時間管理)、アクシデント対応(事故や、クレームの対応)など

きちんと、考えておきましょう。

選挙直前になると、開店直後の繁盛店のように忙しくなるので、完全に、みんなが放心状態になります。

そうならないように、心の準備と役割分担を進めておきましょう。


その他にも、選挙準備に関する質問があるときは、以下のページに、ぜひ、一度、お越しくださいませ。

チラシや公選ハガキや名刺も制作しております。 詳細は、https://市議選準備.com/へ

世代別の人口と投票率を把握する。

前回の市議会議員選挙の選挙結果というのは、市のホームページにも載っていますし、もっと詳しい情報を知りたければ、市の選管に行けば、詳しい分析をした冊子を無料で貰えます。

基本的には、60代以上の人口は多いですし、投票率も高いです。

候補者自身が若いとしても、高齢者の票は重要です。

前回や、前々回の、世代別の人口の数と、投票率をかけてみて(数学でかけざんしてみて)実際、どの世代の人が、何票、全体として投票しているのか?

きちんと把握しましょう。

最近は、70歳、75歳での自動車免許の返納がブームになっているというか、それ以上の世代の事故の報道が多く、

交通難民というか、交通手段を奪われる高齢者が多くなってきています。

市議会議員選挙では、高齢者の交通手段や、無料パスなどの問題は、かなり争点になる可能性が高いです。

廃止を唱える人もいれば、拡充を唱える人もいます。

限られた財政の中で、自分が、どのような政策を選択していくのか?も、きちんと考えて、選挙に臨みましょう。


その他にも、選挙準備に関する質問があるときは、以下のページに、ぜひ、一度、お越しくださいませ。

チラシや公選ハガキや名刺も制作しております。 詳細は、https://市議選準備.com/へ

直近の市議会の流れやトレンドを把握する。

本来であれば、選挙の1年位前からは、頻繁に市議会の議場や、委員会の会場に傍聴に行き、どのような議題が市議会で話されているのか?を把握するべきだとは思いますが、忙しくて、その時間がないという場合は、最低でも、

「市議会だより」

という市議会が出している広報物は、過去2年分くらい、市のホームページ上でバックナンバーを探して印刷して、きちんと読み込んで、市議会の流れやトレンドを把握しましょう。

そして、市議会の中に、どのような会派が存在し、どこが最大会派で、メンバーは誰なのか?

市長よりの会派と、反市長の傾向がある会派をきちんと把握し、どの条例に誰が賛成、反対、棄権したかの一覧なども、市議会だよりに載っていますので、ひととおり把握しておきましょう。

選挙に当選したら、現職の市議会議員の多くの人は、同僚、ライバル、仲間、敵のような存在になり、市政で、議論を交わしていくことになります。

敵を知り、己を知り、戦いに臨みましょう。


その他にも、選挙準備に関する質問があるときは、以下のページに、ぜひ、一度、お越しくださいませ。

チラシや公選ハガキや名刺も制作しております。 詳細は、https://市議選準備.com/へ

市内の世帯数や人口動態を把握する

市役所のホームページの中に、各地区別の世帯数という統計が、ほとんどの市の場合は、あると思います。

どの地区に何戸の家が存在するのか?という数字のデータです。

某市のホームページを見ると、

世帯数、人口、年齢別人口、人口動態、町丁別世帯数、町丁年齢別人口、長期時系列データ

などが掲載されている市もあります。

自分が住んでいる地区の人口や世帯数がどれだけで、そのうち、どの地区とどの地区を、きちんと地盤として固めていかないといけないのか? 数字としてきちんと把握しましょう。


その他にも、選挙準備に関する質問があるときは、以下のページに、ぜひ、一度、お越しくださいませ。

チラシや公選ハガキや名刺も制作しております。 詳細は、https://市議選準備.com/へ

出陣式の案内をSNSやHPに掲載しても構わないか?

例えば、今度の日曜日から選挙が始まる場合で、日曜日に出陣式をやる場合、

その前日の土曜日とか、金曜日とかに、

○○○○出陣式を〇〇広場で、日曜日の11時より行いますので、是非、皆さんご参加ください!!

というような投稿をSNSで挙げていいのか?という疑問を持たれる方は、少なからずいらっしゃるのかもしれませんが、

これは、明らかに、選挙違反になりますので、やめましょう。

告示日に立候補届けを出した後に、FBなどのSNSで告知するのは、ネット選挙の範囲内で、まったく問題はありませんが、

選挙期間以外で、選挙期間の予定を掲載するのは認められていません。

行わないように注意しましょう。


その他にも、選挙準備に関する質問があるときは、以下のページに、ぜひ、一度、お越しくださいませ。

チラシや公選ハガキや名刺も制作しております。 詳細は、https://市議選準備.com/へ